• トップページ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

歯周病治療

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

歯周病の進行

① 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。
② 口臭を感じるようになる
ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
③ 歯がぐらついてくる
ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。
④ 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。

定期健診について

定期健診について定期健診の時は、歯茎の検査(歯周組織検査)を行い、それと同時に1本1本の歯の動き(動揺度)の確認を行い、歯面の汚れの付き具合を調べます。 歯ぐきの検査と歯の動きの検査で、その歯を咬み合わせた時にどの程度の負担がかかっているかが知ることができます。もし過大な負担がかかっている場合には咬み合わせの調整(咬合調整)を行い、他の歯と同じ様な咬み 合わせに調整してなるべく1本の歯に負担がかからないようにしてあげなければなりません。 なので、定期健診の際、咬み合わせの調整を行っていく場合がほとんどです。

歯ぐきの検査をしている時に、説明を受けてその数字が大きかったら歯肉炎が進んでいたり、歯槽膿漏が進んできているという事に繋がっていきます。歯周炎はブラッシングで改善していく場合がほとんどですが、歯槽膿漏 の場合はブラッシングのみではなかなか改善しない場合があって歯槽膿漏を今より進行しないようにするためには、咬み合わせの調整や、以前被せていた差し歯、入れ歯が合っていなくなっていたら作り直したり、歯ぎしり をしてしまう方にはマウスピースを入れたりと歯槽膿漏にかかってしまった原因の1つ1つを治していかないと歯槽膿漏の進行を緩めることはできません。

基本的に歯槽膿漏は<不治の病>といわれ、全世界の80%の成人が歯槽膿漏菌に感染しているという世界的な感染症です。これ以上進行させないようにするには、個人個人のプラークコントロール(歯ブラシ、それに付属する補助清掃用具)でなるべく歯の表面の汚れをとって、なおかつブラッシングで歯ぐきのマッサージを行って行くことが重要になってきます。歯ブラシは行っている時間より内容なので、解らないことがあれば定期健診の時や治療の最中でもスタッフはDrに聞いてください。

もとまち歯科医院に通院されている患者さんの歯を1本でも駄目にしないようにスタッフ一丸となってお手伝いさせて頂きたいと考えています。

歯周病の治療方法

プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。
スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。
詰め物や被せ物の修正治療
詰め物や被せ物の不適合があると、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。詰め物や被せ物が適合するようになるだけで、歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。
生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。
治療後の定期検診
歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。

フッ素で歯を強くしませんか?

フッ素を取り込むと・・・

1)脱灰から歯を守ってくれます。
むし歯の原因菌や、酵素の働きを抑えて、歯の表面を酸に溶けにくい性質に変えてくれます。
2)再石灰化の促進
むし歯になりかけている歯を元の状態に戻そうとしてくれます。
唾液と共にフッ素が効果を発揮してくれます。

フッ素塗布の流れ

歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。

上の①~③を2週間の内に3~4回行います。

フッ素塗布フッ素物は、子供だけではなく大人の方にも効果的です。 大人の方の、歯ぐきが痩せてしまい根っこが出てしまった部分にも、虫歯予防の効果があります。また、知覚過敏の予防効果も期待できます。

1年に2~3回ほど行うと、継続的な効果は期待できます。定期検診とあわせて行うとよいでしょう。

詳しくは医院にてお尋ねください。

▲ページの先頭へ戻る

院長ブログ 歯科タウン インフォメーション
診療予約・お問い合わせ
TEL:018-888-8814
診療時間について
[平  日]
09:00~12:30
14:30~18:30
(受付は18:00まで)
[土曜日]
09:00~12:30
14:30~16:30
[休診日]
日曜日・祝日・木曜午後
診療カレンダー